平成26年度幼稚園就園奨励費の援助のおしらせ
減税される世帯及び減免額                ー長崎教育委員会ー
 平成25年度市民税の課税額(均等割額・所得割額)区分 により減免されます。
 
区分 減税される世帯

補助対象経費

種別

補助限度額(年額)

小額1〜3年生の兄姉がいない世帯 小額1〜3年生の兄姉がいる世帯
1

生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護をうけている世帯

入園料及び保育料の合計額 第1子 年額 229,200円
第2子 年額 268,000円 249,000円
第3子以降 年額 308,000円 308,000円

2

3

当該年度に納付すべき市民税が非課税となる世帯(

当該年度に納付すべき市民税の所得割非課税である世帯

第1子 年額 199,200円
第2子 年額 253,000円 226,000円
第3子以降 年額 308,000円 308,000円
4 当該当年度に納付すべき市民税の所得割課税額が77,100円以下となる世帯 第1子 年額 115,200円
第2子 年額 211,000円 163,000円
第3子以降 年額 308,000円 308,000円
5 当該当年度に納付すべき市民税の所得割課税額が77,100円を越え211,200円以下となる世帯 第1子 年額 62,200円
第2子 年額 185,000円 114,000円
第3子以降 年額 308,000円 308,000円
6 当該年度に納付すべき市民税の所得割額 が、211,200円を越え 235,000円以下である世帯    
第3子以降 年額 308,000円 308,000円
   

※「第1子」とは、1人就園の場合及び同一世帯から2人以上就園している場合の最年長者をいいます。
※「第2子」とは、同一世帯から2人以上就園している場合の次年長者及び小学1年生または2年生の兄・姉を有しており、就園している場合の最年長者をいいます
※「第3子以降は」とは、同一世帯から3人以上就園している場合の3人目以降の園児及び小学1年生または2年生の兄・姉を有しており、、同一世帯から2人以上就園している場合の2人目以降の園児をいいます。
※年度途中の入園・退園があったときは、別途計算となります。
※支払われた保育量・入園料の合計額が減免額より少ないときは、支払われた額が減免額となります。